「まだまだ探し続けるから」 津波で行方不明、妻に誓うシャボン玉

[PR]

 宮城県女川町の高松康雄さん(65)は午後2時55分、慰霊碑の前でシャボン玉を吹いた。津波で行方が分からない妻の祐子さん(当時47)を捜すため、2013年から海での捜索を続けている。

 「祐子を忘れてないからね。まだまだ捜し続けるからね」

 震災後、潜水士の資格を取り、今も月に1度、捜索のために海に潜る。

 「街の景色は変わったけど、海の中の景色はほとんど変わらない。11年経ったのか。そんな気がしないよ」。祐子さんを見つけるまで、捜索を続ける。

空から見た被災地 11年後の現在地

東日本大震災から11年。特に甚大な被害を受けた東北の被災3県はどう変化したのでしょうか。それぞれの場所の2011年と2022年の様子を、動画や写真で見比べられます。

【動画】空から見た被災地 11年後の現在地