ウクライナ大使館「ロシアとの姉妹都市、断絶を」 各自治体の対応は

有料記事ウクライナ情勢

笠原真、岡田将平、中川壮、上野創
[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻を受け、在日ウクライナ大使館はツイッターで、ロシア国内の都市と姉妹都市関係を結ぶ日本国内の自治体に関係の断絶を呼びかけた。ロシアの教育機関と協力関係にある日本の大学にも、関係を断つよう求めた。ただ、その後、「行き過ぎたお願いだったかも」と投稿した。

 ウクライナ大使館はツイッターで「ウクライナが卑劣なロシア侵攻を受けるなか、ロシアの町との『姉妹関係』を保ち続けるのは偽善のように思われます。当館が日本の都道府県及び市に対して、ロシアの地域及び市との姉妹都市関係の断絶を呼びかけました」と表明。ツイッターに姉妹関係にあると指摘する自治体名なども投稿している。

 その後「様々なご意見をいただきました。確かに行き過ぎたお願いだったかもしれません。ただウクライナの、特に男子学生は今海外に行くことも、学ぶことすらできません。そのことを皆さんに知ってほしかっただけです。ご容赦いただければ幸いです」と書き込んだ。

 東京都小池百合子知事は11日、姉妹友好都市を結ぶモスクワ市と、交流・協力関係にあるロシア中南部トムスク州との交流を即時停止すると表明。「ウクライナとの連帯を示すため」と理由を述べた。

 ただ、都によると、ウクライ…

この記事は有料記事です。残り1273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年3月11日23時49分 投稿
    【視点】

    記事中にある対応をみると、おおむね冷静な反応が多いことに、ある種の安堵を覚えました。今回の侵略は極めて非道であり、信じられない蛮行です。それに対して抗議するのは当然で、その態度表明は無意味ではないでしょう。そして、それが説得力を持つのは、長