立憲・泉健太代表「原発から着実なエネルギー転換を」

立憲

[PR]

立憲民主党泉健太代表(発言録)

 (与野党から「原発再稼働」を求める声が上がっていることについて)福島における(東京電力福島第一原発の)処理水の放出にも、漁業関係者からは懸念の声が上がっている。時代の進展に合わせて、自然エネルギーも増やしていく取り組みを強化していく必要がある。

 原子力発電から着実な新エネルギーへのシフトや省エネを進めていくべきだというのが立憲民主党のスタンスだ。「原発ありき」ではなく、できるところからエネルギー転換を図っていく。洋上風力発電太陽光発電の導入を促進する取り組みをしていかなくてはいけないし、その部分が足りていないと強く感じる。(宮城県気仙沼市で記者団に)