ウクライナの科学者らを受け入れへ 沖縄科学技術大学院大が基金創設

有料会員記事

桜井林太郎
[PR]

 ロシアによるウクライナ侵攻で難民となった科学者や学生らを支援するため、沖縄科学技術大学院大学(沖縄県恩納村、OIST)とOIST財団(米ニューヨーク)が基金を設けた。人道的な観点から、ウクライナの科学者や学生、その家族を一時的に大学に受け入れるという。基金への寄付を呼びかけている。

 すでに在籍するウクライナ人の学生や職員らも含めて精神的なケアなどの支援もする。ウクライナの科学・学術機関の再建支援にも役立てたいという。

 OISTは、沖縄振興と世界…

この記事は有料会員記事です。残り282文字有料会員になると続きをお読みいただけます。