プーチン氏支持率77%、侵攻前から10Pアップ 政府系世論調査

有料会員記事ウクライナ情勢

佐藤達弥
[PR]

 ロシア政府系の「全ロシア世論調査センター」は11日、プーチン大統領の2月28日の週の支持率が77・4%だったと発表した。ウクライナ侵攻を始める前の2月14日の週は67・2%で、10・2ポイントの急上昇だった。

 調査は、18歳以上の1600人に電話で実施。複数の著名な政治家を選択肢として示し、信頼するかどうかを尋ねる質問で、77・4%がプーチン氏について「信頼する」と答えた。

 同センターによると、プーチ…

この記事は有料会員記事です。残り83文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年3月12日16時18分 投稿
    【視点】

    この記事をみて「そもそもこの調査は、どの程度信頼できるのか」という感想をお持ちになった読者の方々は多いかと思います。この調査機関は政府系。政権の忖度はないのかという点が気になるところでしょう。 ロシアには、独立系の調査機関もあります。