健やかな成長願う勇壮な絵柄 五月のぼり制作ピーク 佐賀・小城市

有料会員記事

長沢幹城
[PR]

 男児の健やかな成長を願い、端午の節句で飾られる「五月のぼり」の制作がピークを迎えている。城島旗染工(佐賀県小城市牛津町)の工房では、長さ7・5メートル、幅85センチの木綿布がシワ無く張られ、職人がはけを手に武者や竜などの下絵にそって、鮮やかな赤や青、金色などを塗る作業に追われていた。

 五月のぼりは、よろい姿の武者や竜を描いた勇壮なデザインが人気で、1旗を仕上げるのに2週間ほどかかるという。

 城島守洋社長は、創業から継…

この記事は有料会員記事です。残り165文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら