「立憲の期待が盛り上がらないのは……」小沢一郎氏が持論展開

立憲

[PR]

立憲民主党小沢一郎氏(発言録)

 (立憲民主党などが掲げる)ジェンダー(平等)とか多様化とか、それがどういうことかほとんどの人が分からない。分からないようなことを政治家が言ってもしょうがない。

 かつて「国民の生活が第一」(を掲げた)。今もそうだが、国民の皆さんには非常に分かりやすい話。やはり政治の主張、訴えは国民にとって分かりやすいものでなければならない。自分だけ分かったようなこと言っても、聞いている人が全然分からないのでは意味がない。

 我が党がなぜ、国民の期待感が盛り上がらないのか。それは国民の胸にピンとくるような主張、分かりやすい訴えをしないからだ。そういう意味で、その時々のはやりに乗る必要はない。本当に政治がなすべきこと、その責任、その義務をきちんと言葉として国民に伝えること。それが大事だ。(都内での講演会で)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年3月12日23時56分 投稿
    【視点】

    小沢一郎氏と小泉純一郎氏はかつてよく比較され、似ている点があると言われていました。一つは政敵に対して「守旧派」「抵抗勢力」とレッテルを貼り、構図をはっきりさせる点。もう一つは、小泉氏の場合は「ワンフレーズ・ポリティクス」と言われましたが、シ