第5回「元祖Q」は南アフリカ在住の男? 突然4→8移動、栄光からの転落

有料会員記事Qアノン

ニューヨーク=藤原学思

前回のあらすじ

英語圏で「ちゃんカルチャー」と言われる匿名掲示板文化は日本発祥。英語圏で世界最大規模の匿名掲示板である「4ちゃん」も、日本と縁があります。2017年10月28日、そんな「4ちゃん」に1件の投稿が…それが「Qアノン」のはじまりでした。

[PR]

 この世界は「ディープステート」なる影の組織に操られていて、その組織には米民主党のエリートやハリウッドスターらが所属し、彼らは児童虐待や人身売買に手を染め、(前米大統領の)トランプこそが、人びとを救い出す救世主だ――。

 そんな荒唐無稽な陰謀論を信じ込む集団「Qアノン」。これは2017年10月、後に「Q」と名乗る人物の投稿に端を発する。

 では、Qとして投稿していた人物はだれか。研究者やジャーナリストら「Qウォッチャー」の間では、「複数いる」というのが定説になっている。

 そして、初期のQの背後にいるのではないかと疑われているのが、南アフリカ・ヨハネスブルク在住の男だ。

 私は、男にメールでオンライン取材を依頼した。すると、24時間も経たないうちに「イエス、オフコース」と返ってきた。

「真実に目覚めさせるもの」を無料で売っているから……

  1月中旬、画面の向こうに男は現れた。名は、ポール・ファーバー(55)。私が自己紹介をすると、「娘が青森に1年半住んでいたんだ。また戻って、英語の先生をやりたいって言ってたよ」と語った。

謎めいたメッセージを発信し続けた正体不明の「Q」の元祖と疑われる南アフリカ在住のポール・ファーバー氏。記事後半にファーバー氏へのインタビュー動画があります。

 ファーバーは現在のジンバブ…

この記事は有料会員記事です。残り2883文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    パトリック・ハーラン
    (お笑い芸人・タレント)
    2022年3月28日19時12分 投稿
    【視点】

    藤原記者の取材力も文章力も素晴らしい。大変面白く拝読させていただきました! 荒唐無稽な陰謀論が流行っている。面白い!おかしなことを信じる、おかしな人がいる。面白い!Qと名乗る人物の予言が外れっぱなしでも信じ続ける!面白い!Qドロップという

連載Qを追う 陰謀論集団の正体(全19回)

この連載の一覧を見る