第6回黒幕は一人ではない? Qアノンたちの「原典」を分析して見えた事実

有料会員記事Qアノン

ニューヨーク=藤原学思

前回のあらすじ

Qとして投稿していた人物はだれなのか…。研究者など「Qウォッチャー」の間では、「複数いる」というのが定説になっています。「元祖Q」と疑われている南アフリカ在住の男に話を聞きました。インタビュー動画もあります。

[PR]

 Qは、複数いる――。

 陰謀論集団「Qアノン」が信奉するQの投稿は「Qドロップ」と呼ばれる。そして、それらは複数の人物によるものというのが、研究者やジャーナリストら「Qウォッチャー」の間では、主流な見方となっている。

 匿名掲示板「8chan(ちゃん)」で、自らが運営するボード(話し合いの場)が一時、Qの投稿場所となっていたポール・ファーバーは「Qは乗っ取られた」と言った。また、その背後に、8ちゃんの運営・管理をしていた米国人親子のジム・ワトキンス(58)とロン・ワトキンス(34)がいたと主張する。

 ワトキンス親子が果たして背後にいたのか、また、乗っ取りの時期はいつか、ということはさておき、「Qの投稿者が入れ替わった」という裏付けとなる科学的な調査が存在する。私はその担当者に、オンラインで話を聞いた。

Qアノン

「世界は小児性愛者の集団によって支配されており、悪魔の儀式として性的虐待や人食い、人身売買に手を染めている」という陰謀論、またはそれらを信じる人たちを指す。信奉者はそうした集団を「ディープステート」(影の政府)とみなし、民主党の政治家やハリウッドスターらが所属していると考えている。

「意図せずに、文体がここまで劇的に変化することは考えづらい」

 「米国はなぜ、トランプを選挙で選んだのか」

 スイスの分析会社「オフ・アナリティクス」の代表、クロード・アラ・ロテンはそんな思いから、Qドロップの分析に着手した。トランプの熱心な支持者が多いQアノンたちの「原典」に当たれば、見えてくるものがあると考えた。

 生物学者のロテンは、「スタイロメトリー」という計量文体学の専門家でもある。遺伝情報の解析と同じ原理が、文体の特徴の識別にも役に立つと言う。

 実際、過去には、ペンネームで活躍するイタリア人小説家の文体が、とある作家と酷似していることを突き止め、話題を呼んだ。また、刑事事件の捜査にも関わっている。

 文章を一文字一文字の積み重ねとしてとらえることで、その違いがクリアになる、というわけだ。

 ロテンは5千件近くに上るQ…

この記事は有料会員記事です。残り2342文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載Qを追う 陰謀論集団の正体(全19回)

この連載の一覧を見る