美しい新種の魚、学名は「バラ」 トワイライトゾーンから発見

有料会員記事

小堀龍之
[PR]

 インド洋の島国モルディブで、鮮やかな赤や黄色が特徴の海水魚ベラの新種が見つかった。体色が、国の花であるバラを思わせるとして、現地の言葉でバラを意味する「フィニフェンマー」から、世界共通の学名は「Cirrhilabrus finifenmaa(サライラブルス・フィニフェンマー)」と命名された。

 米カリフォルニア科学アカデミーなどの研究チームが、専門誌ズーキーズに発表した。

 新種はイトヒキベラの仲間で、体長は約7センチ。体は赤や黄色で、ひれに青いラインがある。幼魚や繁殖期のオスは色が異なる。

 この魚がすむのは水深40~70メートルにあるサンゴ礁の近くだ。水深50~150メートルは海面から差し込む光がわずかしか届かない「トワイライトゾーン」と呼ばれる場所で、研究があまり進んでいなかった。今回の発見は深い海に広がるサンゴ礁や生態系の保全にとって重要な成果だという。

 当初、別種のベラと同じ魚だ…

この記事は有料会員記事です。残り349文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら