河井元法相の買収事件、地元議員ら34人起訴 現金受領額などの一覧

有料会員記事

[PR]

 2019年の参院選広島選挙区で河井克行元法相(59)らから現金を受け取ったとされる100人のうち、地元議員ら34人について、東京地検特捜部と広島地検は14日、公職選挙法違反の罪(被買収)で起訴したと発表した。

 この34人を含む35人について検察審査会が「起訴相当」と議決しており、当初の不起訴処分を再捜査で一転させた。起訴相当とされた残りの1人は、体調面を考慮して不起訴処分を維持した。

 検察は、34人のうち議決後の聴取で容疑を認めた元議員ら25人を罰金刑を求める略式起訴とした。一方、容疑を否認するなどした議員ら9人を正式起訴とした。今後、広島地裁刑事裁判が行われる。

 起訴された地元議員らの名前と現金受領額などは以下の通り。

《起訴相当とされた35人の再処分結果》(呼称略、検察の発表などから)

※カッコ内は当時の肩書、★は現在も現職議員(辞職願を提出した議員を除く)、数字は受領額(万円。千円以下は切り捨て)

●略式起訴=25人(地元政治家20人、選挙スタッフら5人)

山田賢次(元国会議員秘書)3…

この記事は有料会員記事です。残り471文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら