国税庁が確定申告の期限延長認める、システム障害で提出遅れた分対象

[PR]

 国税電子申告・納税システム「e―Tax」が確定申告期限前日の14日から接続障害でつながりにくくなったとして、国税庁は15日、この障害を理由とする期限延長を個別に認めると発表した。申告書の余白や特記事項欄に「e―Taxの障害による申告・納付期限延長申請」と記して提出すれば認められるという。

 システム障害は14日午前11時半ごろに発生し、申告書の送信に時間がかかったり、エラーが表示されたりした。原因は不明という。国税庁は延長申請が認められる期間について、改めて周知するとしている。