ものさしは「自分」 嵐の活動休止に伴走、振付師の梨本威温さん

有料会員記事

長谷川陽子
[PR]

 振付師の梨本威温(たけあつ)さん(39)は、アイドルグループ「嵐」の振り付けを数多く手がけ、東京パラリンピックの開会式と閉会式では振り付けチームに参加。CMやミュージックビデオ、ファッションブランドの配信動画など、活躍の場を広げています。かつてはジャニーズJr.として活動し、大学卒業後はファッション系のPR会社で働いていたという梨本さん。今に至る道のり、振り付けで大事にしていることを聞きました。

         ◇

 ジャニーズJr.に入ったのは、埼玉で暮らしていた中学3年のころです。芸能界に興味があって、近所の幼なじみが事務所に履歴書を送ったのがきっかけでした。両親はいい顔はしませんでしたね。その世界に染まっていくんじゃないかとか、若いうちしかできないんじゃないかとか。特に母親は心配していたようです。

 実際には仕事をしているという感覚はなく、楽しい部活のようで、バラエティー番組やラジオ、テレビドラマなどに出演していました。ひとつ上の代には、嵐がいました。

 人気がなくなってから去るのは嫌だなと思い、高校2年の冬に深い考えなしに事務所を辞めました。当時は先輩にあたる櫻井翔さんがよく面倒を見てくれて、櫻井さんからは「理由なく辞めてフラフラするなら、大学には必ず行ったほうがいい」と言われました。

 その後は普通の高校生活を楽しみつつ、受験をして大学の商学部に進学しました。華やかな世界を離れても大きく道を踏み外さずに済んだのは、芸能にまったく興味がない両親が、浮つくことがないように徹底して歯止めをかけてくれたからかもしれません。

 僕は四つ上の兄にすごく影響…

この記事は有料会員記事です。残り2297文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら