ベテラン編集者が指南 新社会人が着用するべきスーツと腕時計は?

有料会員記事ファッション

山本晃弘
[PR]

 オンラインでの就職活動が浸透し、社会人として仕事をスタートした後もリモート会議が続く。こうなると、スーツの意義が問われてくる。実際に、ビジネスパーソンから「仕事で何を着たらいいか?」と尋ねられたり、ファッション関係者から「スーツはなくなるのか?」と相談されたりする機会も増えた。

 結論から申し上げる。スーツはなくならない。理由は簡単。着ると、働く気持ちにスイッチが入る。ビジネス相手から信用できる人物だと認識される。こういった機能は、変わらず有効だからだ。

ブランドや値段ではなく、サイズ重視で

 フレッシュマンはブランドや値段よりも、まず適正サイズに気を配ってほしい。高価なものでもサイズが合っていないスーツでは仕事着としての機能が失われる。ぴったりと体に合ったものはりりしさを増す効果がある。そのためにも、オーダーでスーツをつくるのをおすすめしたい。

 これまで量販店やセレクトショップで既製服を購入してきた人は、「価格が高いし時間がかかる」と思うだろう。従来は百貨店ブランドでスーツを提供してきたアパレル大手のオンワードは、「カシヤマ・ザ・スマートテーラー」でそうしたイメージを打破するスーツを展開している。1着3万3千円から、オーダーで仕立てられたものは最短1週間で届けられる。オンライン(https://kashiyama1927.jp/別ウインドウで開きます)での注文も可能だが、最初は店舗できちんと採寸してもらうのがいいだろう。

スマホで時間チェックはNG

     ◇…

この記事は有料会員記事です。残り1074文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら