「チョコボール」「小枝」にも値上げの波 森永製菓、コスト高を受け

山下裕志
[PR]

 原材料費や物流コストなどの上昇に伴い、食品も値上げが相次いでいる。

 森永製菓は15日、ロングセラーの「ミルクキャラメル」など菓子50品目の出荷価格を5月末の発売分から順次引き上げると発表。値上げ幅は約3~11%になるという。ビスケット「マリー」やソフトキャンディー「ハイチュウ」シリーズ、チョコレートを使った「チョコボール」や「小枝〈ミルク〉」が対象だ。同社の菓子値上げは、チョコの価格を引き上げた2015年7月以来、約7年ぶり。

 エスビー食品も15日、家庭向けの香辛料を約14年ぶりに値上げすると明らかにした。6月1日から191品目の希望小売価格を引き上げる。「テーブルコショー」(20グラム)は16円高い税別196円になる。(山下裕志)