英最高裁、米が引き渡し求める「ウィキリークス」創設者の上告認めず

有料記事

ロンドン=金成隆一
[PR]

 英最高裁判所は14日、米国が身柄の引き渡しを求めている内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジュ被告の上告を認めない、と決定した。高等法院(高裁)が昨年12月に引き渡しを認めたのに対し、アサンジュ氏側が不服として上告を求めていた。

 英BBCによると、裁判所の報道官は、アサンジュ氏側の申請が「議論の余地ある法律上の論点」を提起していないと説明したという。今回の決定は、身柄の引き渡しを回避したい同被告に打撃となる。移送するか否かの判断は、パテル内相に委ねられるという。

 同被告は2010年以降、米…

この記事は有料記事です。残り166文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!