第12回Qの正体はトランプ?信じるQアノンも…陰謀論を拡散した大統領

有料記事Qアノン

米アリゾナ州フローレンス=藤原学思

前回のあらすじ

初めてQを知ったとき、トラビス・ビューは思いました「なぜ、こんなことを信じるんだ」。彼はQアノンについて、1800年代に存在したとある組織との類似を指摘します。ではなぜQアノンはここまで大規模になったのか。「Qアノンの天敵」となったビューは3つの理由を教えてくれました。

[PR]

 1月15日、米アリゾナ州フローレンス。前米大統領のトランプが、今年初めてとなる集会を開いた。

 演説の何時間も前から、トランプ支持者が列をなした。「トランプ2024」。そう記された星条旗柄の帽子をかぶったジム・ソファ(56)は、1人でコロラド州からやってきた。

 ソファは「議事堂襲撃事件のとき、現場にいた」と言い、当時の写真を自慢げに何枚も見せてきた。トランプを好きな理由を聞くと、「真実を教えてくれるからだ」と言い、「グローバリストが世界を滅ぼす」とか、「選挙には不正があった」とか、「投票集計機に問題があった」と訴えた。

 私はピンときて、「あなたはQアノンですか」と問う。するとソファは「Qアノンなどいない。Qと、アノン(名無しの信奉者)たちがいるだけだ」と言った。これは、Qアノン信奉者に特有の言い回しだ。

Qアノン

「世界は小児性愛者の集団によって支配されており、悪魔の儀式として性的虐待や人食い、人身売買に手を染めている」という陰謀論、またはそれらを信じる人たちを指す。信奉者はそうした集団を「ディープステート」(影の政府)とみなし、民主党の政治家やハリウッドスターらが所属していると考えている。

 質問を重ねる。「Qは誰だと思いますか」

 「おそらく、ドナルド・トラ…

この記事は有料記事です。残り2434文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載Qを追う 陰謀論集団の正体(全19回)

この連載の一覧を見る