障害者アーティストと企業をつなぐ 地銀発のプロジェクトが始動

有料会員記事

板倉吉延
[PR]

 障害のあるアーティストと企業をつなげる新たなプロジェクトを地方銀行が立ち上げた。「ブランド化」することで、作家の収益を確保して活動を支援する試みだ。

 「トモニアートプロジェクト」と名付けた取り組みを始めたのは、岐阜県大垣市に本店を置く大垣共立銀行(OKB)。

 OKBは2020年10月からATMコーナーに置く封筒のデザインに障害のある作家の作品を採用していた。

 封筒の表面を障害者の作品発表の場とし、裏面は企業広告に使ってもらう。愛知、岐阜の延べ36社から約56万部の申し込みを受け、作家15人に計108万円の使用料を支払った。

 この活動の中で企業から自社…

この記事は有料会員記事です。残り839文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら