第1回母子家庭、アル中の母も去った…不登校だった僕が夢を見つけるまで

有料会員記事

加藤あず佐
[PR]

 早春の日差しがそそいだ9日、大阪府立西成高校で、3年生165人が卒業を迎えた。3年3組の沖本飛斗(たかと)さん(18)は、元担任の中根豊講師(62)と握手を交わした。

 「先生に助けていただいて、卒業できました」

 中学は不登校だった。自室にこもって、対戦型ゲームに明け暮れた。昼夜は逆転。心配した担任が自宅に来たが、学校よりゲームが楽しかった。気づくと、ゲームのログは4千時間。通知表には「1」が並んでいた。

 小学2年で父親が病死し、母と2人暮らしだった。きょうだいはいない。

 母はスーパーや清掃員のパートで、忙しく働いていた。

 ただ、物心ついたころから、いつも缶酎ハイに手を伸ばしていた。

 リビングのテーブルにはいつも、作り置きのご飯とB5のメッセージノートがあった。

 「今日は、サケおにぎりです」

 空気に触れながら握ったような、ふわっとしたおにぎりが好きだった。

 そのノートの文字がだんだん、二重、三重になっていった。震える手を止めるために、酒を飲んでいるように見えた。

 「これ、何?」

 缶を見つけては捨てた。母はアルコール依存の治療や患者会に通い、治す努力をしていた。そんな母を助けたかった。誰にも相談できなかった。

 家が近かったから、西成高校を受けた。入学して1カ月経った5月11日。土曜授業から帰宅したときのことだった。

 「ただいま…」

 いつもは「お帰り」という母の反応がない。感じたことがないくらい、空気が重かった。

 「お母さん…」

 寝室のドアを開ける前に、何が起きたかを察した。

大阪府西成区に、府立西成高校があります。 様々な事情を抱えながら、先生や仲間と乗り越えていく生徒たちの歩みを描きます。

 母は顔から崩れ落ちたように…

この記事は有料会員記事です。残り1805文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら