2児の父が放火殺人を起こすまで 「特異な凶悪犯」と切り捨てられぬ

有料記事

大阪社会部・山本逸生
【動画】ビル火災発生の約30分前、現場から1キロあまり離れた場所を自転車で走る容疑者とみられる男=大阪市福島区内の店舗提供
[PR]

 大阪市北区で昨年12月、クリニックが放火された事件で、大阪府警は16日、谷本盛雄容疑者(当時61)を殺人などの疑いで書類送検した。3カ月間にわたる捜査は実質的に終結した。

 府警本部から北西に2キロ余り。現場となったクリニックが入るビルは、繁華街・北新地の一角にある。

 今は府警の規制線もなくなったその建物は、目の前に立つと何の変哲もない小さなビルに見える。この4階の90平方メートルのうち25平方メートルが焼け、26もの命が奪われた。

 惨事はなぜ起きたのか。私は死亡した谷本容疑者の足跡を同僚と共に追ってきた。

 腕の良い板金工だった。25歳で結婚し、大阪市内に家を買い、2児の父になった。48歳で離婚。仕事をやめ、孤独感から自殺を考えるように。51歳の時に長男を包丁で刺した。確定判決は「被害者らを殺害して自殺する踏ん切りをつけようと考えた」と認定した。

 判決はこう結ばれている。「…

この記事は有料記事です。残り616文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。