原油高対策の制度設計 自公国でチーム設置へ「あらゆる選択肢」

有料会員記事公明自民国民岸田政権

上地一姫、鬼原民幸、新田哲史
[PR]

 自民、公明、国民民主の3党は16日に開いた幹事長会談で、原油高対策を具体化する「原油価格高騰・トリガー条項についての検討チーム」を立ち上げることで合意した。レギュラーガソリンの店頭価格(14日時点の全国平均)は1リットルあたり175・2円で実質的に過去最高値。対策の取りまとめを急ぐ。

 原油高対策は現在、石油元売り各社へ最大25円を補助する激変緩和措置をとっている。ガソリン税などを一時的に25・1円減税する「トリガー条項」という仕組みもあるが、東日本大震災の復興財源を確保するために凍結している。

茂木氏「あらゆる選択肢を排除しない」

 自民の茂木敏充幹事長らは…

この記事は有料会員記事です。残り458文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら