ロシア軍に拉致された市長、解放されて職務復帰へ 地元メディア報道

ウクライナ情勢

[PR]

 ウクライナのニュースサイト「ウクライナ・プラウダ」によると、ロシア軍に拉致されていたウクライナ南部ザポリージャ州メリトポリのイワン・フェドロフ市長が16日夕、解放された。ティモシェンコ大統領府副長官がフェドロフ氏を奪還する作戦が行われたと述べた。フェドロフ氏は解放された後、ゼレンスキー大統領と話をし、近く市長の職務に復帰するという。

 メリトポリは侵攻してきたロシア軍に3月初旬に制圧された。ウクライナのゲラシチェンコ内相顧問によると、フェドロフ氏は11日、執務中にロシア側の集団に頭に袋をかぶせられ、連れ去られたという。親ロシア勢力の情報サイトが同日、「右派の過激派組織に資金提供した疑いでフェドロフ氏を捜査している」と明らかにしていた。