「人口の9割が貧困に陥る可能性」ウクライナめぐりUNDPが報告書

有料会員記事ウクライナ情勢

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 国連開発計画(UNDP)は16日、ロシアによるウクライナへの侵攻が継続、拡大した場合、ウクライナの人口4400万人の9割が貧困に陥る可能性があるとする報告書を公表した。シュタイナー総裁は「悲惨な事態を避けるための時間はまだある」と訴えている。

 UNDPによると、ウクライ…

この記事は有料会員記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら