宮城・福島で2人が死亡、7県で92人けが 震度6強、消防庁まとめ

[PR]

 総務省消防庁の17日午前6時半現在のまとめによると、震度6強を記録した宮城県登米市福島県相馬市で計2人が死亡した。登米市の男性については、地震との関係を調査中という。

 このほか岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木の7県で92人がけがをした。うち4人が重傷、49人が軽傷という。

 宮城県や福島県で住宅など計9件の火災が発生し、いずれもほぼ鎮火した。

 宮城県では3800人に避難指示が出された。