池袋暴走事故の遺族中傷、20代の男が関与か 侮辱容疑で警視庁捜査

有料会員記事

[PR]

 東京・池袋で2019年4月に起きた車の暴走事故で妻子を亡くした松永拓也さん(35)がSNSで誹謗(ひぼう)中傷された事件で、愛知県の20代の男が書き込みに関与した疑いがあることが17日、捜査関係者への取材でわかった。警視庁は松永さんから被害届を受理して侮辱容疑で捜査しており、書き込みの経緯を調べる。

 書き込みがあったのは今月11日。松永さんのツイッター投稿に対し、「金や反響目当てで、闘っているようにしか見えませんでした」という返信があった。

 投稿は匿名アカウントによる…

この記事は有料会員記事です。残り341文字有料会員になると続きをお読みいただけます。