首都圏の電気が強制的に消えた ブラックアウト防ぐ、北海道での教訓

有料会員記事

[PR]

 東京都文京区小石川2丁目のマンションでは、16日深夜の地震発生直後に電気が一斉に消え、懐中電灯を持った住民が次々と道路に出てきていた。「揺れがものすごくて驚いた。寝ていたが起きてしまった」と住民の一人は話した。

 地震の影響で、首都圏でも広域にわたって停電が発生。東京電力管内の1都8県では地震直後、最大で約210万軒に及んだ。東電によると、17日午前2時50分すぎに全て解消されたという。

 東電によると、地震によって…

この記事は有料会員記事です。残り790文字有料会員になると続きをお読みいただけます。