志望学科に女性は1割、でも理系の道へ 科学ショーで伝えたいこと

有料記事

小瀬康太郎
[PR]

 五十嵐美樹さん(30)が全国で子ども向けのサイエンスショーを開くようになってから、6年ほどがたつ。

 科学に関心がない子どもにも見てもらいたいと始めたのが、得意のダンスを組み合わせた実験だ。

 「バター作ります」の声と同時に、ヒップホップダンスの激しい振り付けで、結んだ髪を振り乱しながらステージ上で踊り始める。音楽に合わせ、手に持ったペットボトルの中の生クリームを上下左右に何度も強く振ることで、しばらくするとバターができあがる。

 最初に披露したとき、女の子が一緒に踊ってくれて、ショーの実験についてたくさん質問をしてくれたことが忘れられない。

 自身のツイッター(@igamiki0319)でも紹介すると、反響が広がった。

 まずは楽しんでほしい。一人でも多くの子どもが科学に触れるきっかけになれたら――。

 こうした活動を続けるのは、科学の世界で、ある課題を感じているからだ。

「自分の好きになった分野を突き進め」

 科学の魅力に目覚めたのは、中学2年のとき。

 理科の授業で、プリズムを使った「虹の実験」で「これが虹の原理だよ」と先生に教わった。

 身近な現象と科学が初めてつながった気がして、感動した。

 先生が楽しそうに実験をする姿も印象に残っている。

 科学の勉強にのめり込み、大学は理系の学部に進むことにした。

 だが、進学先の学科に女性が…

この記事は有料記事です。残り1247文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]