トヨタ、4~6月生産は当初計画から引き下げ 月平均80万台

三浦惇平
[PR]

 トヨタ自動車は17日、4~6月の世界生産を、月平均80万台程度とする計画を明らかにした。前年同期と比べ、6%ほど高い水準だ。ただ、取引先の部品メーカーに年初に示した計画からは引き下げた。世界的な半導体不足など先行きが不透明なため、実現性の高い計画に見直した。

 トヨタによると、4月の生産台数は約75万台(前年同月比1・5%減)。このうち、国内で25万台、海外で50万台をつくる。半導体不足の影響で、従来計画の90万台から17%ほど減らした。国内では全14工場28ラインのうち、5工場7ラインを最大9日間止める。

 5、6月の生産計画台数は明らかにしていないが、従来計画に比べそれぞれ10%、5%引き下げた。熊倉和生・調達本部長は「リスクを読むのが難しい。今後、さらに下ぶれする可能性もある」と説明した。

 新車需要は根強く、トヨタはこれまで高水準の生産計画を打ち出してきた。だが、昨夏以降、半導体不足やコロナ禍で断続的に減産に見舞われた。増産に向けて人員を確保していた部品メーカーにとって負担となるなど、不安定な生産がサプライチェーンの重荷となるケースが出ていた。

 豊田章男社長は9日にあった春闘の労使交渉で「4月から6月を『意思ある踊り場』として、安全・品質を最優先に、仕入れ先の皆様の状況を踏まえた基準となる計画をつくり、健全な職場環境を整えたい」と話し、生産計画を見直す意向を示していた。(三浦惇平)