福島出身の若元春 故郷を心配「今でも怖い。けがなさらないように」

[PR]

 16日深夜に宮城・福島の両県で最大震度6強を観測した地震を受け、福島市出身の西前頭9枚目、若元春(28)=荒汐部屋=は故郷を心配した。

 大阪の宿舎で発生を知った若元春は、東京都内に住む妻を通じ、福島にいる家族の安全を確認したという。「東日本大震災からかなり年は経っていますが、地震は今でも怖い。みなさん、けがなさらないように。けがしないといいな、と思いますね」

 春場所5日目のこの日は、実力者の妙義龍との対戦。得意の左四つで組み止めると、しっかり引きつけて寄り切った。

 「かなり自分らしい、良い相撲が取れた」と納得の様子で、「地震があったから頑張ろうとかじゃなくて、一生懸命毎日頑張るだけなので。僕が今できることを、精いっぱいやっていくだけです」と話した。