「肥満予防」は人道支援? ロシア事業予算で野党が見直し要求  

有料記事立憲

[PR]

 参院予算委員会の集中審議で17日、新年度予算案に盛り込まれたロシア関連事業について野党が見直しを求めた。事業に含まれる「肥満予防医療プログラム」が人道支援にあたるのか追及したが、岸田文雄首相は見直さない考えを繰り返した。

 予算案には、エネルギー開発や医療、都市づくりなどで日本企業からロシアへの投資を促す「8項目の経済協力プラン」に関連した予算約21億円が含まれる。ロシアのウクライナ侵攻への制裁措置と整合性がとれないとして、立憲民主党蓮舫氏が予算案の修正を求めた。

 首相は、ウクライナ情勢の先行きが不透明であることを理由に「修正は考えていない」と説明した。「情報提供など(経済協力)プランに参加した企業を政府としてどのように支えていくかは考えていかなければならない」と理解を求めた。

 蓮舫氏が問題視するのはその…

この記事は有料記事です。残り367文字有料会員になると続きをお読みいただけます。