中学1年の仲邑菫二段 囲碁女流名人戦リーグ単独首位に

有料会員記事

大出公二
[PR]

 中学1年生の囲碁棋士仲邑菫(なかむらすみれ)二段(13)が、史上最年少のタイトル挑戦に近づいている。藤沢里菜女流名人(23)への挑戦権を争う第33期女流名人戦リーグで17日、牛(にゅう)栄子四段(22)を破って通算4勝1敗とし、暫定ながら単独首位に立った。

 残るは24日の最終局。これに勝てば、競争相手の成績により、挑戦権獲得、あるいは、成績上位2人による挑戦者決定プレーオフ進出が確定する。

 仲邑は予選5連勝で初のリー…

この記事は有料会員記事です。残り371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら