敷地に「子どもたち」の文字、ロシア軍に訴えたが… 空爆で劇場大破

有料記事ウクライナ情勢

松尾一郎、ロンドン=金成隆一
[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻で、ロシア軍による民間人への無差別攻撃が相次いでいる。16日には、同軍に包囲されてきた南東部の港湾都市マリウポリへの空爆で、避難所になっていた劇場が大破。1千人近い避難民がいた可能性があり、ロシアへの非難が強まっている。

 ウクライナ検察は17日、劇場には約1千人がいて、多くは女性と子どもだったと発表した。劇場の前後の敷地には、白い大きな文字で「子どもたち」とのロシア語が記されていた。ロシア軍に空爆しないよう訴えるメッセージだったとみられる。

 避難所は劇場の地下にあり、ウクライナの国会議員セルゲイ・タルタ氏によると、避難所そのものは爆撃に耐えた。一夜明けてがれきが撤去され、救助活動が続いているという。ウクライナ・メディアの「キエフ・インディペンデント」は17日、「130人の生存者が救出された」と伝えた。

 ウクライナのゼレンスキー大…

この記事は有料記事です。残り712文字有料会員になると続きをお読みいただけます。