地下を貫くトンネル、環境面で住民に不安 北陸新幹線の延伸計画

有料記事

河原田慎一
[PR]

 北陸新幹線新大阪駅まで延伸する計画に、線路が通る可能性がある京都の住民や自治体から、反対や懸念の声が上がっている。環境面などでの問題が指摘されているためだ。工事は2023年度初めの着工が目標だが、スケジュールは見通せなくなっている。

 京都府南丹市美山町には昔ながらの民家が山間部に立ち並ぶ「かやぶきの里」があり、国内外の観光客に人気が高い。そこから車で約10分の田歌地区。

 「長大なトンネル工事で暮らしと自然を破壊するなんて、まっとうな人間の考えることではない」

 鞆(とも)岡誠区長(59)…

この記事は有料記事です。残り1329文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント