ブリヂストンの米グループ会社にサイバー攻撃 工場が1週間操業停止

渡辺淳基
[PR]

 タイヤ大手ブリヂストンは18日、米国のグループ会社がサイバー攻撃を受けたと発表した。2月27日に第三者からの不正アクセスがあったことが判明した。システムの点検のため、複数のタイヤ工場が1週間ほど操業を止めていたという。情報流出の有無については「調査中」としている。

 攻撃を受けたのは、米州を統括する「ブリヂストン アメリカス」。不正アクセス後、社内のシステムを切り離すなどして対応した。ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)による攻撃であることを3月17日までに特定したという。工場はすでに復旧した。出荷の遅れなど、販売への影響は出ていないとしている。

 このところ、自動車や半導体関連の日本の企業グループに対するサイバー攻撃が相次いでいる。2月には、トヨタ系の部品メーカーがシステム障害に陥り、トヨタの国内の全工場が稼働を止める事態も起きていた。渡辺淳基