オペラ舞うアンドロイド 仏僧とオーケストラでつくり出す荘厳な世界

有料会員記事

ドバイ=伊藤喜之
【動画】ドバイ万博でアンドロイド・オペラ=伊藤喜之撮影
[PR]

 砂漠に造られた会場に日本製のアンドロイド(人型ロボット)の歌声が響き渡る。仏僧たちの歌声と地元オーケストラの演奏と絡み合い、奇抜なようでいて荘厳さを感じさせる世界をつくりだしていく。

 3月2日の夜。中東のアラブ首長国連邦(UAE)で開催中のドバイ万博の野外会場で披露された日本の音楽家渋谷慶一郎氏(48)の新作「アンドロイド・オペラ『MIRROR(ミラー)』」の光景だ。

 中央に鎮座するアンドロイド「オルタ3」の顔は性別や年齢を感じさせず、体は機械がむき出しになっている。人間と人工生命体の意思疎通の可能性を探ることを目的に、IT関連企業のミクシィ、大阪大や東京大などによって共同開発された。

 1200年の歴史を持つ高野…

この記事は有料会員記事です。残り1276文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら