第60回ゼレンスキー氏、なぜTシャツ姿? 保安庁幹部が語った情報戦の教訓

有料会員記事ウクライナ情勢

聞き手・佐藤達弥
[PR]

 カーキ色のTシャツ姿、無精ひげ。とつとつと発する低い声――。ウクライナのゼレンスキー大統領が連日、SNSで自国の窮状を訴えています。欧米などの議会に対し、オンライン形式で語りかける演説にも積極的です。一連の発信にどのような狙いがあるのか。ウクライナの政治・外交が専門の藤森信吉・北海道大スラブ・ユーラシア研究センター共同研究員(ウクライナ研究)は、ウクライナ政府内のある教訓が背景にあると語ります。

 ――ゼレンスキー大統領が各国の議会向けオンライン演説に力を入れています。これまで英国、カナダ、米国の議会などで自国の立場を訴えています。これにはどのような狙いがあるのでしょう。

 ウクライナも含め、多くの国には首脳が外交の一環として他国の議会で演説する慣習があります。ロシアがウクライナ南部のクリミア半島を一方的に併合した後に就任した前任者、ポロシェンコ大統領(在任2014~19年)も各国の議会を訪れて、英語でウクライナの立場を訴えていました。

 ゼレンスキー氏が議会演説に力を入れるのは、こうした従来の慣習に加え、相手国のより多くの人にウクライナの立場を知ってもらうという狙いもあるでしょう。

 ――議会向けに演説することで、どうして多くの人が知るということになるのでしょう。

 相手国の政府との対話ということになると、やりとりは少人数かつ非公開になることが多いです。「議会向け演説なら多数の議員との連帯をアピールでき、より多くの視聴者向けに放送される可能性がある」とゼレンスキー氏は考えているはずです。そうすれば放送を見ている国民にも直接訴えることができ、相手国の世論を味方につけることにつながります。

 本当は対面で訴えるのが一番迫力があるのですが、簡単に首都を離れられず、オンライン形式での演説に力を入れざるを得ない事情もあると思います。

 ――具体的にはどういう事情でしょう。

 戦争の激化で首都キエフ周辺…

この記事は有料会員記事です。残り2729文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機の深層(全150回)

この連載の一覧を見る