「アベノマスク」含む布マスク53万枚が行方不明 在庫数に食い違い

有料会員記事新型コロナウイルス

磯部佳孝
[PR]

 参院予算委員会の18日の質疑で、「アベノマスク」などの布マスク約53万枚の行方がわからなくなっていることが明らかになった。昨年3月末時点で、会計検査院が資料で確認した在庫枚数よりも、厚生労働省が実際に把握している在庫枚数が少なかった。後藤茂之厚労相は事実関係を認め、「大変遺憾だ」と述べた。

 立憲民主党の田島麻衣子氏が指摘した。会計検査院は予算委で、厚労省は約2億8741万枚を調達し、昨年3月末までに約2億415万枚を配布したことを資料で確認したと説明。調達数から配布枚数を差し引くと、約8326万枚が在庫となるはずだが、厚労省の在庫はこれより約53万枚少なかったという。会計検査院は「当時の配送状況を確認できる資料は限られている」として、53万枚の行方を確認することはできないとした。

 後藤氏はマスクを早く届ける…

この記事は有料会員記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]