• アピタル

嘔吐など副反応疑い2例、初の報告 5~11歳のコロナワクチン接種

新型コロナウイルス

[PR]

 2月に始まった新型コロナウイルスワクチンの5~11歳への接種について、厚生労働省は18日、医療機関から報告された副反応疑い事例が2件あったと明らかにした。嘔吐(おうと)や胸痛などで、報告した医師は「重くない」と評価した。その後改善しているという。専門家らは「情報不足などにより、ワクチンと症状との因果関係が評価できない」とした。

 この日開かれた専門家の部会で、3月11日までに報告があった副反応疑い事例が初めて示された。暫定的な計算では、この期間の5~11歳の接種回数は約3万5千回で、副反応疑いの報告頻度は0・006%程度となった。その他の世代での頻度は0・01%強とされ、これと比べて「現時点で頻度が高いということはなかった」と報告された。

 部会での報告によると、5歳の女児は接種当日に嘔吐したが、その後回復した。アレルギー性鼻炎の治療を受けていた。10歳の女児も接種当日に、胸や接種と反対側の腕の痛み、腕や太ももに5秒程度のけいれん、だるさがあったが2日後には軽快が確認された。

 会合では、モデルナ製の同じロットで3回目接種を受けた69~81歳の女性5人が入浴時に死亡したとの報告が、同一地域からあったことも示された。

 このロットは14の都道府県に配られたが、死亡報告は1地域からのみ。接種場所はそれぞれ異なるという。このロットの副反応疑い報告は特段多くなく、品質に問題はないとみられることや、医療機関からの報告量は熱心さによって地域差があることなどが指摘された。一般的に冬場は入浴時の高齢者の死亡が増える。厚労省は、接種の有無で入浴時の死亡の頻度に明らかな差はないとみているが、次回の部会で具体的な数値を検証するとしている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]