同性パートナーとの関係「もう隠さない」 きっかけは男子中学生が…

有料会員記事

藤谷和広 聞き手・藤谷和広
[PR]

 自分を隠して生きていくんだ――。同性のパートナーと千葉県市川市に住む五十嵐隼人さん(33)は、周囲に心ない言葉を投げかけられる度に、そう感じてきた。しかし、ある男の子との出会いをきっかけに、数年前からパートナーとの関係を公言するようになった。徐々に広がる自治体の取り組みも後押しする。(藤谷和広)

 五十嵐さんは幼い頃から、ネックレスやぬいぐるみが好きで、周りは女の子の友だちばかりだった。

 小学校では、男の子に「おかま」とからかわれ、先生には「なんで君は女子とずっといるの」と言われた。家族も分かってくれなかった。父には「もっとたくましく生きろ」と怒鳴られ、兄はネックレスやぬいぐるみを引きちぎった。

 同じ看護師で、パートナーの菅野(かんの)貴文さん(33)と知り合い、交際を始めたのが約7年前。それまで友人との恋愛話も避けていたが、「世界が開けた」と感じた。「自分は結婚できない」と思っていたが、海外では同性婚を認める国が増えていると知り、結婚式を挙げたいと考え始めた。

 しかし、「結婚」の代償は大きかった。

 結婚のタイミングで職場の同…

この記事は有料会員記事です。残り1949文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]