バタフライピーのハーブティー、加茂農林高が製造販売 岐阜

戸村登
[PR]

 岐阜県立加茂農林高校美濃加茂市)食品科学科が、市の色コバルトブルーや市の花アジサイをイメージしたハーブティーを商品として開発した。東南アジア原産の豆科の植物バタフライピーの花びらを乾燥させたもの。青色のお茶を楽しめる。レモンを入れると紫色に変化する。

 昨年販売したアジサイマカロンの色づけに使ったバタフライピーを有効利用。パッケージデザインも生徒が手がけた。

 販売は、課外授業に協力する地元の農業生産法人フルージックに委託。美濃加茂市山之上町のぎふ清流里山公園のおんさい館(道の駅みのかも)で450個限定で販売している。売り切れ次第終了。1袋150円。(戸村登)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント