かゆい!ハァ~ 花粉サルまで我慢 小豆島「お猿の国」

[PR]

 香川県小豆島土庄町の銚子渓自然動物園「お猿の国」で、くしゃみや鼻水、涙といった症状に苦しむサルたちが見られるようになった。花粉症とみられ、生息する約500匹のうち、10匹ほどが悩まされているという。

 約300匹の群れを率いるボスザルの「団十郎」は重症だ=写真、中塚正春撮影。顔をかきむしったり、叫び声を出したり。飼育員の加治優希さんは「トラブルが発生したときには、ちゃんとまとめる働きをしています」と、苦しみながらも役目を果たす団十郎をたたえる。サルたちの受難はしばらく続きそうだ。