ウクライナ国内の避難民650万人 1200万人超、まだ避難できず

ウクライナ情勢

パリ=遠藤雄司
[PR]

 国際移住機関(IOM)や国連人道問題調整事務所(OCHA)などは18日、ロシアによる侵攻が始まってから、ウクライナ国内の避難民が約650万人に上るとの推計を発表した。また、戦闘の激化などによって避難するリスクが高まっていたり、橋や道路が破壊されたりしたことなどから、避難ができずに取り残されている住民は1200万人を超えると指摘した。

 IOMなどは発表の中で、「十分な安全が保証された人道回廊が確保できていない」と指摘し、避難のためにはこうした人道回廊の確保が喫緊の課題になっているとの認識を示した。

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、ウクライナ国外への避難者は18日時点で約327万人に上っている。(パリ=遠藤雄司

  • commentatorHeader
    遠藤乾
    (東京大学大学院法学政治学研究科教授)
    2022年3月19日10時14分 投稿
    【視点】

     戦争は難民の母。悲しいかな、予想された通り、悲惨な現実がある。  国境を超える難民はすぐにでも400万を超えるのだろう。これらを受け入れるEU諸国(民)もかなりの努力を払う。捕捉しにくいのは、国境内で動いている650万の国内避難民(In