マスクで歌OK、保護者の参加増… コロナ禍の卒業式、制限緩和も

有料会員記事新型コロナウイルス

高浜行人、三島あずさ
[PR]

 新型コロナウイルスの感染「第6波」が収まらないなか、各地の卒業式では、昨年より制約をやや緩める動きが出ている。マスクを着けての校歌斉唱を認めたり、保護者の参加人数を増やしたり。コロナ下で迎えた3度目の卒業シーズン。感染対策と思い出づくりを両立させようと、模索が続いている。

 東京都世田谷区の区立富士中学校(生徒数326人)で18日にあった卒業式。卒業生94人がマスクを着けたまま校歌を斉唱した。歌が認められなかった昨年にはなかった光景だ。

 会場の体育館には約300人が集まった。保護者は約150人。昨年は生徒1人につき1人までだったが、今回は2人までに緩和され、門出を祝った。

 感染防止のため学校は式の前にマスク着用を求めるアナウンスをし、入り口を開けたままにして換気した。卒業証書授与では壇上に上がる生徒一人ひとりがマスクをはずして保護者らに顔を見せた。

 卒業生代表あいさつで上平美優希さん(15)は「コロナ禍の2年間は不安と戸惑いの連続。受験生なのにどうして、という思いもあった」と振り返り、「不安な気持ちに寄り添ってくれた」と周りの人に感謝の言葉を贈った。

 式の後、生徒たちは校庭へ出て先生と談笑したり、保護者に写真をとってもらったりした。永松沙羅さん(15)は中学生活を振り返り、「コロナで不自由なことが多くてつらかったけど、先生方が工夫してくれて楽しかった」と話した。一斉休校のあった2020年3月以降、体育大会や合唱コンクールが軒並み延期に。それでも規模を縮小するなどして代わりの行事で思い出をつくった。

卒業式1週間前の「駆け込み修学旅行」

 卒業が間近に迫った今月10…

この記事は有料会員記事です。残り1452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]