花畑牧場がベトナム人従業員と和解 問題認め賠償請求も取り下げ

有料会員記事

中沢滋人
[PR]

 生キャラメルやチーズの製造販売で知られる「花畑牧場」(本社・北海道中札内村、田中義剛社長)で、ベトナム人従業員が待遇改善を求めてストライキを行い会社と対立していた問題で、和解が成立したことが19日わかった。会社側が問題を認めて謝罪し、ストを主導したとしてベトナム人従業員に起こした損害賠償請求や、名誉毀損(きそん)容疑で北海道警に出した刑事告訴を取り下げるという。

 ベトナム人従業員を支援する札幌地域労組によると、和解は18日に成立。同日、札幌市内で田中社長と労組関係者が話し合い、田中社長は一連の会社側の対応が不適切だったと認め、「申し訳ありませんでした」と謝罪したという。謝罪文も会社サイトに1週間掲載するという。

 花畑牧場では1月26日、ベトナム人従業員約40人が待遇悪化に抗議し、十勝第2工場(中札内村)でストを行った。寮で暮らす従業員の水道光熱費は従来月7千円だったが、昨年10月以降、十分な説明がないまま値上げされ、今年1月には約2倍になったという。

 スト後、会社側は光熱費を従来水準に戻すとした一方、ストを主導したとみなしたベトナム従業員3人に対し、1人あたり50万円の損害賠償を請求した。

 会社側はさらに、スト直前に田中社長と従業員らが話し合った際の音声ファイルが意図的に編集され、ネット上で報道されたなどとして、3人を名誉毀損などの容疑で道警に刑事告訴もしていた。

 一方、会社側がベトナム人従業員との雇用契約期間を巡り、ベトナム人と交わした契約書類とは異なる内容が記された書類を、出入国在留管理庁に提出していたことも明らかになっていた。

 会社側がストを主導したとし…

この記事は有料会員記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら