バイデン氏と習氏が互いに「警告」 ウクライナ・台湾巡り議論平行線

有料会員記事ウクライナ情勢

北京=冨名腰隆、ワシントン=園田耕司
[PR]

 ロシアのウクライナ侵攻後初となった18日の米中首脳協議では、両首脳がこの問題をめぐる互いの主張をぶつけた。バイデン米大統領は中国がロシアを支援すれば「結果」が伴うと警告し、習近平(シーチンピン)国家主席は「全方位的、無差別な制裁を実施しても苦しむのは庶民だ」と制裁による圧力に反対した。議論は平行線をたどり、国際社会の分断を色濃く映し出す結果となった。

 テレビ電話形式の協議は約2時間にわたり、米政権高官によると、ウクライナ問題が大半を占めた。バイデン氏は習氏に対し、米国が北大西洋条約機構(NATO)やインド太平洋地域の友好国と団結していると強調し、「中国がロシアに物質的な支援を行うことがもたらす影響と結果について明確に伝えた」という。中国が経済制裁の対象になることを示唆するものだ。

米国が持つ警戒、中国がにじませた考え

 米政権は、中国がロシアへの…

この記事は有料会員記事です。残り593文字有料会員になると続きをお読みいただけます。