武器調達の約半分をロシアに頼るインド それでも日本と組む理由

有料会員記事

ニューデリー=坂本純也 ニューデリー=奈良部健
[PR]

 ロシア軍によるウクライナ侵攻が激化するなか、岸田文雄首相は19日夜、インドのモディ首相と会談し、ウクライナ情勢について議論した。日米が提唱する「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」構想や、日米豪印4カ国(クアッド)の枠組みなど、対中国では共闘する両国だが、ロシアをめぐっては隔たりが大きい。

 「世界は今、国際秩序の根幹を揺るがす事態に直面している。こうした状況だからこそ、民主主義や法の支配といった基本的な価値を共有する日本とインドが、『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向けて緊密に連携していく重要性は格段に増している」。首脳会談後の共同記者発表で、首相はこう語った。

 昨年10月の就任後、バイデン米大統領や豪州のモリソン首相との対面での首脳会談を模索したが、オミクロン株の感染拡大で断念。「岸田外交」の事実上の始動となる訪問先に、首相はインドを選んだ。念頭にあったのはロシアと中国だ。

 今春には日本でクアッド首脳…

この記事は有料会員記事です。残り1339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    吉岡桂子
    (朝日新聞編集委員=中国など国際関係)
    2022年3月20日12時18分 投稿
    【視点】

    龍が怖いことで仲良くしている象は、彼らが戦う道具を売ってもらっている「悪友」熊と手を切れるか。インドとの関係について「価値観を共有する」という表現がしばしば使われます。ただ、「中国の脅威」の「共有」だけでは、インドは動かせないという、当たり

  • commentatorHeader
    佐藤武嗣
    (朝日新聞編集委員=外交、安全保障)
    2022年3月20日1時25分 投稿
    【視点】

    中国を牽制するための日米豪印(QUAD)の一翼を担うインドは、4カ国のなかで中国と国境を接する唯一の国だ。地域の秩序維持には欠かせない存在だが、そのインドが今回のロシアのウクライナへの武力侵攻に対する国連での非難決議に、中国とともに「棄権」