「それだけでは勝てない」 湘南ベルマーレ永木亮太が背中で語るもの

有料会員記事

潮智史
[PR]

 (サッカー明治安田生命J1・19日、鹿島2―1湘南)

 試合終了の笛に、湘南の背番号41はしゃがみ込んだ。

 90分間走り回った末の逆転負け。

 MF永木亮太はしばらくの間、立ち上がれなかった。

 33歳を脱力させたのは疲労よりも悔しさと危機感だったはずだ。

 今季、プロのキャリアをスタートさせた古巣に戻ってきた。

 その湘南同様に、昨季まで6年在籍した相手の鹿島も「特別なチーム」。タイトルを手にしただけでなく、高いプロ意識を持つ選手たちと日々競争する充実感があった。

 鹿島で最後のシーズンとなっ…

この記事は有料会員記事です。残り684文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら