モノレール駅の高架から外板が落下 重さ30キロ、人や車に被害なし

有料記事

松沢拓樹
[PR]

 北九州市は19日、北九州モノレール徳力嵐山口駅(北九州市小倉南区)の高架の底面に貼られていた約30キロの外板が、約9メートル下を通る国道322号の中央分離帯に落下した、と発表した。人や車への被害はなかった。

 市道路維持課によると、板は縦1・8メートル、横0・9メートル、厚さ1センチのケイ酸カルシウム製。19日午後3時ごろ、通行人から板が落ちていると駅に連絡があり、駅員が中央分離帯の植物の上で板を見つけ、回収したという。

 点検の結果、駅高架の底部の…

この記事は有料記事です。残り144文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!