埼玉県戸田市長選、現職の菅原氏当選 スーパークレイジー君氏は落選

堤恭太
[PR]

 埼玉県戸田市長選が20日開票され、現職で無所属の菅原文仁氏(46)が、諸派新顔の政治団体代表スーパークレイジー君氏(35)を破り、再選を決めた。当日有権者数は10万9570人。投票率は36・49%(前回38・19%)だった。

 菅原氏は、他の自治体より迅速だった新型コロナ対策や待機児童数を県内ワースト1からゼロにした実績を強調。通学路に300台の防犯カメラを設置するなど68項目の公約の大半を達成したと呼びかけ、スーパークレイジー君氏を引き離した。

 同氏は2020年都知事選で落選。金髪に白い特攻服姿に「スーパークレイジー君」と書かれたたすきで活動し話題になった。今回は派手なパフォーマンスを封印したが、支持が広がらなかった。都知事選で、現職の小池百合子知事を念頭に使った「百合子か、俺か」というスローガンになぞらえ、「市長か俺か」と訴えていた。

 昨年1月の戸田市議選(定数26)で25番目の得票数で初当選したが、市内に居住実態がないとして当選無効が今月4日の最高裁判決で確定していた。

 確定得票は次の通り(敬称略)。

 菅原文仁 3万7092

 スーパークレイジー君 2529(堤恭太)