そこだけ「昭和」、逆に新鮮なゴージャス喫茶 不動のフルーツポンチ

有料会員記事

国方萌乃
[PR]

 和歌山県紀の川市の国道24号を運転しているときに目に入り、気になっていた店がある。洋館風の白い建物に、カタカナで「サンスイ」の大きな看板。私は平成生まれで昭和を知らないが、住宅やコンビニが並ぶ国道沿いで、そこだけがイメージ通りの「昭和」なのだ。

 店に入ると、高い天井にシャンデリアがぶら下がり、どっしりとした花柄のソファが並ぶ。店がオープンしたのは1979年(昭和54年)。ゴージャスだが、すべてに年季があって、居心地のいい「古めかしさ」になっている。

 人気メニューの一つという「フルーツポンチ」(税込み700円)を食べた。緑色のメロンソーダの上に、色とりどりのフルーツがこんもり。フルーツの甘さを楽しんだあとのソーダの炭酸がすっきりおいしい。

 オープン当時、国道24号は市内の絶対的な幹線道路だった。店は大盛況で、周囲に喫茶店が立ち並んだ。だが周りの道が整備され、京奈和道ができ、車は減った。周りの店はどんどん閉店し、苦しい時期が続いた。

 ここ数年は、「古めかしさ」が逆に新鮮だとメディアやSNSで取り上げられ、喫茶店好きの人が県外から訪れる。年配の常連客がモーニングに集まり、憩いの場にもなっている。

 ソファもシャンデリアもフルーツポンチもオープン時から変わらない。値段も、オーナーの笹田稔美(なるみ)さん(76)が「店があるのはお客さまのおかげ」と、できるだけ上げずにきた。43年前に350円だったコーヒーはいま400円(税込み)だ。

 高速道路にインターネット…

この記事は有料会員記事です。残り183文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    田中俊之
    (社会学・男性学研究者)
    2022年3月21日15時26分 投稿
    【視点】

    90年代後半にスタバがオープンして行列ができた時は、なぜ並んでコーヒーを飲まなければならないのかと衝撃を受けました。昭和50年生まれの僕からすれば、喫茶店にそれなりに馴染みがあり、雑誌、新聞、あるいは、漫画などを読んでゆっくりするところとい